自分で片付けるのと片付け業者に頼むのとどう違うの?

ゴミの処分方法は色々ありますが、ここでは業者に不用品の回収を依頼する場合のメリットとデメリット、そして自分自身で掃除する場合を比較してみたいと思います。

業者に依頼して片付けるときの
メリット・デメリット

メリット

業者に依頼すると、自分が何もしなくてもゴミや不用品の回収など全て任せることができます。希望すれば、立ち合いをせず、留守の間に回収を済ませてもらえる場合も。

労力をかけずに片付けができるので、特にゴミ屋敷やモノ屋敷など、自分ひとりや家族だけでは到底片付けられない量のゴミやモノがある場合の依頼に適しています。業者に依頼すると1日程度で綺麗にしてもらえます。

また、一般的なゴミだけでなく、粗大ゴミやリサイクル品など、処分方法の違うゴミも1度に回収してくれるので全く手間がかかりません。

デメリット

とても便利な片付け業者の不用品回収ですが、デメリットは費用がかかる点に尽きるでしょう。
ゴミ屋敷やモノ屋敷ともなると回収量も多くなってしまうので、それだけ料金もかさみます。

そんなときはなるべく処分費用を抑えられるよう、ゴミの回収だけでなく不用品の買取も行ってくれる業者に依頼するのがおすすめです。

また、家1軒丸ごとゴミ回収してもらう場合などは、いい加減な業者や、事前にしっかりと業者とコミュニケーションを取っていない場合、大切な物を誤って処分されてしまうリスクがあります。

自分自身での片付けに向いている人

お金をかけずにゴミや不用品を処分したい場合は、自分で片付けるという方法もあります。ただし、その量には限度があるので、決して無理はしないように。暑い日、作業に没頭していると熱中症の危険度も高まってしまいます。

自分での片付けに向いているのは、収納の使い方が上手く、断捨離の得意な人。ゴミと必要な物を区別し、いらない物はどんどん捨てていきましょう。その上で、自分の大切な物は収納スペースにまとめ、部屋をすっきりさせるのが掃除のコツ。

業者に依頼する片付けに向いている人

まず自分の家の中を見回して、床も見えないほどゴミが散乱していれば、そこは汚部屋かゴミ屋敷と言えます。同様に、使わない物や家具が部屋にひしめいていればモノ屋敷となります。

こうした場合、いくら断捨離や収納が得意な人であっても、自分だけの力で掃除するのは難しいでしょう。
ゴミ屋敷やモノ屋敷の場合は業者に依頼し、見積もりをお願いしましょう。一部屋だけ綺麗にしてもらうことも可能です。

また、ゴミ屋敷やモノ屋敷ではなくても、持病があって体力のない方や、力仕事のできない高齢の方や女性にも片付け業者はおすすめ。
急な引っ越しなど家を空けなくてはならないときにも片付け業者は重宝します。

まとめ

もう自分たちの手だけではとても片付けきれないと感じたときには、無理をせずゴミや不用品の回収を片付け業者に依頼しましょう。不潔なゴミであふれていたり、日の入らないほどモノがたまっている住宅では、健康に悪影響が出ないとは言い切れません。医療費を支払うことになる前に、多少の料金がかかっても片付け業者に依頼するのが賢明です。

モノ屋敷なら

モノ屋敷イメージ
大切なモノや想い出は
専門家としっかり片付け
アクト片付センター

ゴミ屋敷なら

ゴミ屋敷イメージ
「汚」屋敷ごと片付けて
キレイすっきり
大阪Expert

※全国主要都市(東京・大阪・名古屋・福岡)を対応エリアとする業者から選定
※アクト片付センター:10年以上片付け一本で営業していて、片付けアドバイザーなどの資格保有者が複数在籍している業者から選定
※大阪Expert:ゴミ屋敷一軒丸ごとプランがあり、2020年6月現在、公式HP上の料金目安表記で、一番安く不用品回収してくれる業者から選定