片付け業者に頼んで失敗しない?

ゴミの清掃や不用品の回収を業者に依頼し、「こんなはずじゃなかった」とあとから後悔することのないように、失敗例から片付け業者選びのポイントを学びましょう。

片付けを業者選びで失敗しがちな例

【失敗例1】広告や公式サイトのサービス内容と実際は違っていた

広告や公式サイトに載っている情報はしっかりと確認を。特に料金については、わかりにくい場合には問い合わせをするなどして明確にしておくことが大切です。

【失敗例2】見積もりよりも高い料金を請求された

きちんと見積もりを行っている業者を選びましょう。料金設定などから計算され、物の見極める力を持つプロなら見積もりと実際の料金に大差は生まれないはずです。

【失敗例3】変更や追加などへの対応が利かない

片付けに、利用者が不用品の変更や追加を行いたくなったとき、できる限り対応してくれる片付け業者がおすすめ。臨機応変な対応力は片付け業者選びの大きなポイントです。

【独自取材!】
片付けを業者に依頼して2度失敗!
3度目の正直!

引っ越し作業をA社に依頼したものの、その後、B社へ再度依頼したと伺いました。A社はどのような点が不十分だったのですか?

引っ越しの前に不要な物を捨ててしまいたかったのですが、自分でやってもなかなか進まず困っていました。だから引っ越し業者とは別に、あとから片付け業者にも依頼をしたんです。

というのも、以前、また別の引っ越し業者のお任せパックをお願いしたことがあるんですが、これが新居に着いてみたらダンボール箱130個近くきて、びっくりしてしまって……。

当時は夫婦と赤ちゃんの三人家族だったから、今ほど荷物は多くなかったはずなのに。中身を見て理由がわかりました。段ボール箱には紙くずなど梱包される必要のない紙くずなど不用品も全て入っていたんです。新居に持ってくる必要のない物まで持ってきてしまい、片付け業者に依頼して処分するしかありませんでした。

B社を選んだ理由は何ですか?

紙くずだけでなく、いらない食器棚なども一気に回収してもらいたかったので。それと、一緒に作業をしてくれる業者が良かったからです。

A社は引っ越し作業においてゴミ回収には対応していなかったのですか?

引っ越し業者でも対応していたと思いますが、不用品を引き取ってもらいたかったので不用品の片付け業者を新たに見つけるほうがいいと思ったんです。

料金もそのほうが安く済むんじゃないかと。書類もあれば、衣類もあって、棚もあって、分別する物が多いんです。その片付けに特化したところのほうが色々持っていってもらえると思ったので、B社にお願いしました。

引っ越し業者のA社に対し、B社は片付け業者だそうですが、ゴミ回収についてはどのような点に満足されましたか?

全く分別をしていないすごい不用品の量だったのに、嫌な顔をせずどんどん運び出してくれました。最初の見積もりのときにお願いする予定だった品物の回収を取りやめたり、その逆に新たに回収してもらいたい物が出てきたりしても、その場その場で対応していただきとても助かりました。

ゴミの中身をあまり詮索しないようにしてくれたので安心しました。また、女性スタッフさんが来てくれたのも良かったです。処分に困っていた物をどうしたらいいのかアドバイスをもらえて助かりました。

片付けの業者を探している方々に、「こういう業者には気を付けて!」などメッセージを一言お願いいたします。

私はネット検索で業者探しをしたのですが、色々な情報が公式HPに詳しく記載されているかどうかを重視しました。それと、きちんと見積もりに来てくれて、こちらが聞きたいことにもしっかりとした回答してくれるところがいいと思います。さらには、その時々で臨機応変に対応してくれるところがおすすめです。

まとめ

業者が大手だからといって安心できるわけではありません。業者によって、得意とする片付け作業方法、対応していないサービスなどもあります。片付け業者を選ぶ際には、自分の希望する作業方法やサービスに対応しているかどうか、それぞれしっかりと確認を。そうすることで業者選びの失敗リスクを抑えることができます。

モノ屋敷なら

モノ屋敷イメージ
大切なモノや想い出は
専門家としっかり片付け
アクト片付センター

ゴミ屋敷なら

ゴミ屋敷イメージ
「汚」屋敷ごと片付けて
キレイすっきり
大阪Expert

※全国主要都市(東京・大阪・名古屋・福岡)を対応エリアとする業者から選定
※アクト片付センター:10年以上片付け一本で営業していて、片付けアドバイザーなどの資格保有者が複数在籍している業者から選定
※大阪Expert:ゴミ屋敷一軒丸ごとプランがあり、2020年6月現在、公式HP上の料金目安表記で、一番安く不用品回収してくれる業者から選定